リフォームをお得にする制度がある!!

>

税制のリフォーム優遇制度

対象になる税金

税制の優遇においては、それぞれ対象になる税金や工事、他の税制優遇との併用の可否が違ったりと細かくあるようです。
分かりやすいものの種類としては、所得税の減税、固定資産税の減額、贈与税の非課税措置などがあるようです。
所得税減税には、リフォームローンをする減税、住宅ローンをする減税、ローンをしない投資型減税の3つがあります。
固定資産税の減額の対象となるのは、一定の要件に合う耐震リフォーム、バリアフリーまたは、省エネリフォーム、長期優良化リフォームを行ったことで長期優良住宅と認定された場合、それぞれ併用はできないようです。
贈与税の非課税措置は、家族からの資金援助によって、耐震リフォームや省エネリフォームなど他にも細かい要件はありますが、それを満たすと700万円、条件によっては1200万円までの贈与税がかからないというものです。

減税対象リフォーム工事!

所得税減税の投資型においては、耐震、省エネ、同居対応、耐久性向上では25万円、バリアフリーリフォームは20万円が控除限度額となっています。
リフォームローン型では返済期間5年以上の借り入れを行ってするリフォームに対して、受けれるもので改修後、所得税から控除されます。
住宅ローンでは返済期間が10年以上でリフォームする住宅の専有面積やリフォーム工事費用が100万円以上かかるなどの条件が必要です。
固定資産税減額の適用要件として賃貸でないことや工事後の床面積の決められた広さが居住用であることなどがありますが、耐震リフォーム、バリアフリーまたは、省エネリフォームによって翌年にかかる固定資産税の最大半分が減額されることがあります。