リフォームをお得にする制度がある!!

>

補助金のリフォーム優遇制度

国から交付されるもの

長期優良住宅化リフォーム推進事業というものを国土交通省が進めており、子育てに適した環境を維持や整備していくことや高品質で性能の良い住宅を増やしていくために今ある家をより住みやすいものにするためのリフォームを応援するもののようです。
住宅を長く大事に使いたい、親との同居も考えているなどの国の財産になるようなリフォームなどが対象になるようです。
最大では300万円の補助を受けることができますが、住宅をリフォームした後にその性能ごとの基準をクリアして補助対象が決まるそうです。
他にも環境省は高性能建材による住宅の断熱リフォーム事業というものを進めていて、リフォームに省エネ性能に優れたガラスや断熱材を利用することで補助してもらえるそうです。
さらにZEHというネット・ゼロ・エネルギー・ハウスという太陽光発電など自宅で使用するエネルギーよりも多くのエネルギーを生み出す住宅に対しても補助金が出るようです。

地方公共団体から交付されるもの

地域の自治体によって支援してくれる内容が変わってくるようですが、耐震化、バリアフリー化、省エネルギー化、省エネルギー化には太陽光発電や高断熱化、リチウム蓄電池化などがあるようです。

条件としては地元に建っている住宅の所有者であることや住民税を滞納していないこと、自治体によるようですが建築業者を地元業者にお願いすることだったり、地域材を使うことで補助金が出たりもするようです。
補助金は予算が決まっているので締め切り内であっても予算を使い切ってしまった時点で終わってしまうようなのでその点においても確認が必要です。
原則、国の補助金とは併用はできないようです。

多くの自治体が実施している中では耐震診断や耐震化リフォームがあります。最近は突然来る地震の数も増え、しかも震度がでかいので備えておくことがかなり大切です。最初は無料で木造耐震診断士を派遣してくれることが多いようです。