リフォームをお得にする制度がある!!

>

いろいろかかる費用

優遇制度適合条件

優遇制度適合条件これはなんのために国や地方自治体が補助金を出して住宅リフォームを応援するのかということです。
日本でもこれまで様々な環境問題に直面してきました。過去の公害問題や地震による原発問題などもちろん日本だけではなく世界、地球の問題でもあります。
私たちの生活はどんどん高められ、不自由なことなどほとんどありません、しかしその陰で温暖化やオゾン層破壊、エネルギー問題が勃発し、私たちがこの便利な生活を続けていく以上は解決するはずもありません。
そこで無駄に資源を使わず今住んでいる家を大事にする、環境のことを考えた機能をたくさん盛り込んだリフォームをする、そのことが地球のためにはもちろん自分たちの生活の向上にもなっていくのだと思うと無駄な出費ではありません。
むしろ補助してもらえるのであればどんどん使いたいです。

複雑で難しい?

住宅ローン減税、投資型減税の省エネ、バリアフリー、三世代同居、耐震、ローン型減税の省エネ、バリアフリー、三世代同居、固定資産税の減額の省エネ、バリアフリー、耐震とそれぞれのリフォームでの必要な書類が異なります。
住民票の写しや住宅借入金等特別控除額の計算明細書、各証明書としては、増改築工事、住宅耐震改修、熱損失防止改修工事、固定資産税減額に関するもの、給与取得者でしたら源泉徴収票、バリアフリーなどのリフォームでしたら介護保険の被保険者証の写しが必要になります。
証明書は登録住宅性能評価機関や建築事務所、耐震リフォームの場合は地方公共団体で発行してもらい、市役所や税務署に提出して取得し、確定申告で控除を受けられるということのようです。
こう並べるとたくさんすることがあり混乱してしまいますが、一つ一つ見直してあらかじめの準備と相談で乗り切りたいです。